読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everyday is Re:lighted

聴いた音楽や遠征日記などなどなど

今の気持ち。

f:id:specialmusik:20160127215553j:plain

 

金曜日からずっとしんどいです。お友達と電話をしている時は笑ってテゴマスコンの予定たてたり冗談も言い合えたけど、電話を切ったらとにかく何をしていてもNEWSの事を考えてしまう。ほとんど毎日聴いていたNEWSが今は聴けません。部屋に飾ってあった6人の集合写真は、けいちゃんひとりのものに変えました。

 

ぴぃちゃんと亮ちゃんに対して思うことはたくさんあります。なぜコメントだけでNEWSから去って行くのか、あれだけでは説明が足りなすぎて2人は悪者です。あえてそうなろうとしているみたいにも見えます。何より、年にたった一度6人で集まることさえ、それはふたりの人生にとって足枷なのでしょうか?2人ともコメントの書き方は違えど、確かなのは2人が、NEWSのために使う時間をもう別のことに使いたいと思ってNEWSから離脱してゆくということです。

ぴぃちゃんは星めざで復活した時「一緒に過ごす時間が関係を育む」のだと言っていました。一緒にいる時間が取れなければ、続ける意味はないと思ったのかも知れません。もしかしたら彼の夢に関わる、何か大きな仕事が控えているのかも。亮ちゃんは亮ちゃんで、NEWSの仕事がうまく回らないことを自分の責任だと感じていたかも知れません。でもそんなことは全部きれいごとで、すべての人間がそうであるように、人生は一度きり、決まった分の時間しかなくて、それをうまく活用するために優先順位というものがあります。NEWSは一番下でした。2人の人生設計において今後NEWSのために使う時間はなくなりました。

一体いつから、何がきっかけになって、NEWSは2人に何のインスピレーションも与えなくなってしまったのでしょうか?

 

上に書いたことは私が多分そうなんじゃないかなって思っていることでしかありません。本当のことは分かりません。唯一無二の6人の声の重なりが、本当に好きでした。何があっても守って欲しかったです、守る価値があったはずです。待っている人だってたくさん居ました。6人でしか生み出すことができないものがまだまだたくさんあったはずなのに、こんな形で-2になってしまったことが本当に残念です。心にぽっかりと穴があいています。大好きな6人のハーモニーがもう聴けないなんて信じられません。

 

4人で新生NEWSと言われても、今は正直ピンと来ていません。もちろん活動が始まったら全力でサポートするつもりです。誰よりもファンのことを想ってくれている4人だもん、そんな彼らが作るグループが、最高じゃないわけがないじゃない!!!!!

 

ただ、リスタートまでの間はもう少し弱音を言わせてください。私はわがままで、物わかりのいいタイプではありません。今はただひたすらに悲しいです。