読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everyday is Re:lighted

聴いた音楽や遠征日記などなどなど

その後。

一週間以上経っての更新になってしまいました。あんな書き方をしたまま沈黙したら「あの人生きてる…?」って感じですよねwすみません。久々に何件か拍手もいただいて、同じような気持ちの方も多かったんだなあと思ったら力強かったです。ありがとうございました。

しかし長い一週間だったなーー。それでも4人(を代表したけいちゃん)、ぴぃちゃん、亮ちゃんとそれぞれからコメントが出て考えられることは全部考えて自分の気持ちもだいぶ落ち着いてきたような気がします。6人の声の重なりをもう聴くことはないんだってふいに思い出して悲しくなることはあっても、そこで前回のエントリのように感情が溢れて混乱するようなことはなくなりました。

最初のコメントを読んだ時、ぴぃちゃんと亮ちゃんの気持ちは全然私の中に響いてこなかったです。でも離脱するという状況が憎しみや恨みに直結するわけではなくて、逆にこれまで5年間見てきたぴぃちゃんは亮ちゃんは何だったんだろう?6人のNEWSって何だったんだろう?こんなの私が知っている2人じゃないよーーー!!!って、ふたりの意思よりも事務所の意向が主だったものなんじゃないかって深読みしたりして。それで、多分みんなそうだと思うんですけど、思い出をきれいなまま残すには、やっぱり何らかの言い訳をして欲しかったんですよね…、甘いこと言って、最後までぎこちなく仲良しの、かわいいほっこりにゅーすさんたちで居て欲しかった。

でもぴぃちゃんも亮ちゃんも円満な脱退なんですよ~みたいな演出もなく、こういう気持ちがありこうなりました。と言っただけでした。納得いかないとか、ファンの事を考えていないとかそういう意見もたくさん見たけど、私はただ単に「ああ、そういうことなんだ」と思いました。言葉が足りないんじゃなくて言えることが本当にこれしかないんだろうなって、すっとふたりの脱退を理解してしまいました。

ふたりを恨んだら楽になれるかもと思ったけど、けいちゃんがKちゃんNEWSでしたコメントの中で、ふたりのことを「やまぴーとりょうちゃん」と呼んだことを、その意味を、考えていました。けいちゃんの意思というよりは4人の意思と受け取ったほうがいいかもしれないですね。ぴぃちゃんがソロになりたいと言ったとき4人はそれを止めただろうなあと思うし、ファンより何倍も傷ついただろうと思います。カミスンの中居くんの言葉を借りたなら、寂しかっただろうなって…。

今回のことが原因で、それぞれ離脱したふたりとの関係っていうのがそれ以前と今とで変わってしまっていたとしたら、私はそれが一番悲しい。男の人の仕事上の関係がどういうものなのかはよくわかりませんが、わだかまりなく道を別けたとは正直思えません。本当に円満な別れであったなら、とくにけいちゃんなんかは、ちゃんとそう言ってくれると思っているので。そういう中でけいちゃんがふたりを「やまぴーとりょうちゃん」と呼んだことは、これまでの6人のNEWSが大好きだったファンへの最大限の優しさだったと思います。敬ちゃんのコメントを聞いて、私の中でも「脱退したふたり」から大好きだった「やまぴーとりょうちゃん」が戻ってきたような感覚がありました。

解散したくなければ名前を変えてまたいちからアルバム作るとか、そういう手もあったかも知れないですよね。それでもNEWSという名前、形を捨てずに続けてゆく選択をした4人は、これまでのNEWSをまるごと背負って走っていかなきゃいけない。それならば背負うものが黒歴史であってはならないだろうと思っています。だから私も、ぴぃりょのことをすっきりとした気持ちで応援できるような自分になれるように持っていきたいなと思っていて。今はまだちょっと自信がないのですが。

NEWSを好きになってからの5年間を振り返ると、本当に楽しい思い出ばっかりです。だからこそ今つらいんだけど、思い出の中のふたりを疑ったりせず、あの時のきらきらの気持ちを大事にして行こうと思います。きれいごとかな?でも、それがこれからのNEWSを支える力になるって、信じています。 NEWSにくっついて、そろそろ前に進まなきゃ。そう思ってこのエントリを書きました。外野は煩いしメンバーもファンもまだまだ傷つくことがあるかも知れない、時間にしか解決できないこともあります。でもNEWSはもう前を向いてるし、ぐずぐずしていたら置いていかれちゃう。

今日はテゴマスのアルバムをふらげして帰ります。長い記事を最後まで読んでくれてありがとう。