Everyday is Re:lighted

聴いた音楽や遠征日記などなどなど

NEWS楽曲大賞2003-2012

NEWS楽曲大賞2003-2012 http://j-m-a.info/news/ に投票してきました! NEWS BEST「FAN SELECTION BEST」への投票は「これからも歌い継いで行って欲しい4曲」と思って選んだのですが、それに対してこちらは「NEWSを好きになってから特に聴きまくった4曲」という観点で選んでみました。実はまったく異なる4曲になりました。

投票内容、コメントは続きに。

 

楽曲部門1曲目:SNOW EXPRESS NEWSを好きになって多分一番聴いたであろう曲。吹雪の音で始まる曲の幕開けとリンクしてゆく歌詞、ドラマティックなメロディ、6人がくるくるとポジションを変えるダンスフォーメーション、歌詞カードを手にするまでほとんど何言ってるのかわからなかったwぴーのラップも、何もかもが大好きでした。初披露のネバエンから毎回コンサートで披露されてきたにもかかわらずほとんど演出が変わらなかった(それだけ最初から世界観が確立していた)ので、今後どういう見せ方をしていくのか一番興味がある曲でもあります。

楽曲部門2曲目:Uri Sarang (小山慶一郎) 少クラの司会を経験して世界中の人と繋がっていることを実感したり、少クラやネットを通してNEWSを知った人が観光地感覚でラーメン屋を訪れたことなんかも、慶ちゃんがこの曲を歌うきっかけになったかも知れません。彼はそういったファンの熱い気持ちをダイレクトに受け取れる立場にいたんだと思います。世界中のNEWS再始動を待つファンへの感謝の気持ちを、当時勉強していた韓国語(他国語)を交えた遠距離恋愛ソングという超わかりやすい形に仕上げて、さらに少クラ司会卒業のタイミングで披露したことは本当に「小山慶一郎らしさ」にあふれていて、NEWSの活動が無くて枯れた心を抱えたw自分にとっても、とても感動的な出来事でした。

楽曲部門3曲目:Fiesta 初期チャラNEWS屈指の名曲。NANDE×2 DAMEやBEACH ANGELもそうなんだけど、10代ならではの背伸び感があって、こういう曲はこの年代でしかリアルに歌えないと思うので、これから歌って欲しいというよりは青々しいこの頃のNEWSをそのままパッケージしてくれてありがとうという感じです。いつ聴いても、まっすー独特のクセ出まくりの歌唱や「いつまでも君に甘えてばかりの僕じゃないと教えてあげる」「心まで裸にならなきゃソンでしょう」の錦戸手越のテッパンフレーズに胸が躍ります。

楽曲部門4曲目:さくらガール ほんと、選ぶか選ぶまいか迷ったんだけど、好き…嫌い…好き…嫌い…好き…嫌い…とさくらの花房をむしりとるような気持ちで考え続けた結果、何度やっても結局最後は好きぃぃぃいいい(NEWSが)(号泣)となるので入れることにしましたw 感傷的になってしまってアレですが、まるで延命処置のような?形でシングルとして発表された時から、いい曲だとは思うのに、あまり好きと思えなかった。でもそれは曲の持つはかなさがあまりにもNEWSを象徴しているような気がしたからだと思います。まさにユニを体現する曲だと思います。

自担部門:小山慶一郎