読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everyday is Re:lighted

聴いた音楽や遠征日記などなどなど

チャンカパーナ発売によせて

まずは無事に発売できたこと、本当に本当におめでとうございます!いやーここまでほんっと長かった。

シングルにまつわるインタビューのもろもろで、メンバーは「自分たちにとっては早くも無く遅くも無い、今が出すべきタイミングだ」と言っているけど、まあこればかりは賛同しかねるw なんて、いきなり物申してるみたいになっちゃうけど、だって今振り返ってみてもほんと辛抱の半年間だったんだもん…。もちろん現時点でインタビュー読んだりプレミアムトークを見たりして、あの頃こういうことがあったんだろうなと時期を重ねて想像したら、ここまで時間がかかったのは分からなくはないんです。けど、待ってる間ファンはメンバーが何やってるのかなんて見えないから、今理解できるからと言って、その時の悲しみを忘れ去ることはわたしにはまだ出来ないんだなあと思っています。

でも。悲しみの季節はもう終わり。

チャンカパーナを初めて聴いたときは、泣きながら大笑いしていました。完全に想像を超えてきた感触があって、愛すべきNEWSが戻ってきた…というか、ここにいる!NEWSが!という感じでした。曲を聴いてもPVを見ても、もう、そこにぴーりょ不在を感じることはありません。逆にここに2人がいたら?とも、もう全く想像できない。それは、チャンカパーナが、フルスイングが、4人が4人だけでファンと手をつなぐために作ったものに他ならないから。4人の気持ちと音楽が直結しているのを感じて清清しかった。

もちろん本当に大変なのはこれからなんだろうなと分かってはいるんだけど、今は何も考えず、新しいスタートラインに立ったNEWSを素直に楽しんでいたい。好きだからこそ傷ついて、考えて、いちファンには何かを動かす力なんてないんだと絶望したりしたけど、今はNEWSが提供してくれるものをただただ享受して、NEWSの復活を待っていたNEWSのことが大好きなお友達と一緒に笑っていたいなあと思っています。

ツアーが本当に楽しみ!
どうか美しい夏になりますように。