読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everyday is Re:lighted

聴いた音楽や遠征日記などなどなど

ジャニーズ楽曲大賞2012に投票しました

音楽

ジャニーズ楽曲大賞2012( http://j-m-a.info/ )に投票しました。 すっかりブログを更新しなくなってしまった中、こうやって改めて2012年に向き合える機会を与えてくださった主催者様、ありがとうございました。結果発表も楽しみです!

投票内容は以下のとおり。

 

 

楽曲部門1位: チャンカパーナ/NEWS 大好きだった6人のNEWSが崩壊したことで、別に自分が応援してもしなくても彼らを取り巻く世界は何も変わらないんだろうと、ファンとしての自信や意味みたいなものを喪失していた。復活第1弾シングルに彼らが選んだのは崇高な愛の歌でも復活の誓いでもない、ただ「痛いほど君が欲しいよ」と欲望のままに抱き寄せるだけの曲。発売記念イベントでのやや強引な握手会開催も含めて、ぐっと彼らのほうから引き寄せてくれた感覚があって救われた気持ちになったので、今年はこの曲しかないかなと思います。振付や台詞もエキセントリックで、露出の度に今回はどの部分が見られるかな?とワクワクできたのも楽しかった。

楽曲部門2位: フルスイング/NEWS NEWSの持つ物語性を生かした彼ららしい王道の応援ソング。CDで聴いた段階では「らしいなあ」くらいにしか思っていなかったけれど、ツアーでは最後の挨拶のあとに据えられたことで、メンバーの気持ちにより歌詞が重なって、心に残る1曲になった。札幌公演オーラスでの大合唱も忘れられない想い出です。

楽曲部門3位: ヴァンパイアはかく語りき/NEWS(加藤シゲアキ) みっちりとシゲらしさが詰まった1曲だと思う。ラップに留まらずポエトリーリーディングまでこなして、もちろん挑戦ではあったと思うけど、彼の好きな音楽のかたちをソロでここまで体現した事に驚いた。歌詞のストーリーは今も理解できないままだけどw サビで高音ボーカルが堪能できたのも嬉しかったし、コンサートでの演出も凝っていた。この曲にまつわる表現すべてに隙がなく、崇高。

楽曲部門4位: 36℃/NEWS 「TVの向こう側」「ヒーローみたいにキミを救えやしないけれど」という歌詞で、この歌を伝えたい対象は「実質的な距離はあるけれど大切な人」=「ファン」なのかなと感じる。対象を狭めて歌われる優しい決意は親近感があってまさに等身大のNEWS。傷ついたり疲れたりして立ち止まった時、NEWSの歌から元気を受け取ったことがある人はきっとみんな、NEWSの体温を知っているんじゃないかな。

楽曲部門5位: WORLD QUEST/NEWS まるで英語の曲のように小節の繋がりを感じさせない、流れるような歌メロが新鮮。ガチのサッカーソングでありながらフルスイングと同様NEWSの物語に重なりグッとくる。

未音源化楽曲部門: なし

現場部門: NEWS LIVE TOUR 2012 ~美しい恋にするよ~ 4人でのリスタートに相応しい、まさに「美しい恋」だったと思う。初日東京とオーラス札幌でこそ涙々の展開にはなったけれど、基本的にはメンバーもファンも久しぶりのNEWSのコンサートを純粋に心から楽しんでいたし、メンバーそれぞれの演出曲やスパルタクス風衣装、野外でのマーチングバンドとの競演など見所がたくさんだった。

コンビ部門: 小山慶一郎 と 加藤シゲアキ ふたりでいるといつでもキャッキャしていて、仲良しの中学生男子がそのまま大きくなっちゃったみたいで、移ろうこの世でもずっと変わらないものってあるのね・・・と見ていて安心するので。w

自担部門: 小山慶一郎

2012年CD購入枚数: 21枚~30枚 

投票NEWSばっかりになってしまった。今年ジャニCDはNEWSとぴーちゃんしか買っていません。他の方の投票内容とか見ていると、もっと色んなグループのものが聴きたいなあとは思うのですが・・・。