読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everyday is Re:lighted

聴いた音楽や遠征日記などなどなど

コヤシゲの「NEWSな2人」レギュラー化に寄せて

TV番組 ひびのこと

先日、録画しておいた“久保みねヒャダこじらせナイト”を視聴していたところ、各方面で話題になっているサンドウィッチマン北海道新幹線開業のポスターを囲んで、こういう親密な男同士の事をブロマンスと言うらしいよ~という話をしていた。 ポイントは「親密だけどプラトニックな関係であること」。へえー。初耳でございました。

Wikiには「Brother」と「Romance」を掛け合わせた新語とある。日本ではアニメやBLの中のひとつのジャンル(関係性萌え)として一般的に使われるようになってきた言葉みたいだけど、ルーツは映画でもドラマでも昔からある「バディもの」が表現を替えたものだと思ってるけど、合ってるかな?そう言えば2013年頃から一時的に米ドラマSUITSにハマっていました。あれとかまさにアメリカではブロマンスとして流行したものなのではないのかな。

私はブロマンスと聞いて、すぐにコヤシゲの事を連想した。というのも、2人の関係性にはずっと特殊さwを感じていた/いるんだけど、それを形容する言葉ってこれまで見つける事ができなかったので、今ってこんなにピッタリくる言葉があるんだあー!とちょっと感動すら覚えたのです。

プライベートでの2人旅行、ハワイ、沖縄、ニューヨーク。お揃いの下着にアクセサリー、誕生日占いをしてみれば結果は「ソウルメイト」。メンバーが辞めるときには一緒に泣いて、NEWSの存続危機には「2人になってもNEWSやろう」と誓い合う…。
一番すごいと思ったのが、ピンクとグレー状態*1になった時でもお互いを遠ざけたりしなかったこと。多感な時期も一緒に過ごしてきて、きっと心にかかえたモヤモヤだってあったはずなのに、距離を置いたり、話がうまくかみ合わないコヤシゲなんか、私がファンになってからただの1度も見たことがありません。

NEWSが殆ど活動していなかった時期には、この2人のあまりにも変わらない関係に何度も何度も救われました。

さて今日本で一番有名な<ブロマンスを体現する男>は、SMAPの吾郎ちゃんではないだろうかw ヒロくんとの関係は随分前から取り沙汰されていたけど、テレビ出演も果たしたりと本人達が非常にあっけらかんとしていて、だんだん「BLっぽい怪しい」→「BLとかじゃないけどだいぶ強めな親友」みたいな、今はどちらかというとそんな捉えられ方をされているように思う。そしてここへきてサンドさんのあのCMですよ。あれ。ブロマンス一般にも流行る?(軽率)

 

www.tbs.co.jp


そんな中コヤシゲの「NEWSな2人」がレギュラー化決定!!!!おめでとうございます!ヤッター!

小山コメント「加藤とは事務所に入ってから15年間、ずっとコンビでやってきているので、僕らの関係性も見てほしいです。」

シンメという言葉を一般の方にもわかりやすいようにコンビって置き換えたんだろうけどそれでは完全にお笑い芸人であるw というツッコミはさておき、不思議な絆で結ばれた2人のおかしさが、どんどん世間一般の人に見つかってしまうような番組になるといいなーと思っています。まずはアメトーーク!の相方大好き芸人*2ゲスト、ゆくゆくはサンドさんのように2人で旅行する様子がそのままCMになってしまうような。そんな誰からも愛される2人になるよう、これからも生温かく見守りたい所存です。

※なんだかおまけみたいになってしまうけど4人でのレギュラー「変ラボ」「少年倶楽部プレミアム」も超おめでとう!超ヤッター!って思ってます!!!

*1:片方の仕事が多くて片方はヒマ

*2:長野くん的ポジション